目が大きいとクマが酷い!早めに取り入れておきたいクマ対策

目が大きいとクマが酷い!早めに取り入れておきたいクマ対策

目が大きいとクマが酷い!早めに取り入れておきたいクマ対策

 

 

目が大きい人は、そうでない人と比べてクマが目立ちやすい傾向にあります。

 

 

「目が大きくてうらやましい」と周りには言われても、実は悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

ここでは、目が大きい人のクマ対策についてお伝えしています。

 

 

せっかくの大きい目、チャームポイントとしてキープできるようにお手入れしていきましょう!

 

 

 

目のクマには3タイプある|見分けるには?

 

 

目のクマには3タイプあり、それぞれ原因も対策も異なってきますので、タイプ別にご紹介していきたいと思います。

 

クマを解消するためには、「自分の目のクマはどのタイプか?」を知り、それに合った対策をすることが大切です。

 

 

青クマ

 

寝不足の時にできるのが青クマと呼ばれるクマです。

 

寝不足のほかに目の周りの血行不良冷えなども原因になります。

 

(もともと皮膚が薄い人は、目の下の血管が透けて見えて青クマができることもあります。)

 

睡眠をとった後やお風呂上がりの後などにクマが薄くなっているようなら、青クマの可能性大です。

 

鏡でクマの濃さをこまめにチェックしてみてください。

 

1日の中でクマが濃くなったり薄くなったりするようなら、青クマということになります。

 

 

 

黒クマ

 

黒クマは、目の下のたるみが原因で出来るクマです。

 

たるみによって目の下に影ができ、黒っぽく見えるのが黒クマの正体!!

 

「若いころはなかったのに、年とともにクマが目立ってきたような…」という方は黒クマの可能性大!という事になります。

 

手鏡をもったまま真上を向いて、クマが薄くなるようならそれは黒クマです。

 

真上を向くと目の下のたるみがマシになるので、たるみが原因の黒クマの場合は薄くなります。

 

 

 

茶クマ

 

茶クマは、目の下に色素沈着してできるクマです。

 

目の下のたるみや血行不良などは関係なく、シミのように皮膚に色素が付いているタイプです。

 

目をこするクセや誤ったスキンケア、紫外線などが原因でできます。

 

茶クマかどうか見分けるには、指で目の下の皮膚を外側にクイッと引っ張ってみてください。

 

引っ張ったときにクマが薄くならない場合は、茶クマということになります。

 

皮膚そのものに色素が付いてしまっているので、引っ張っても変わらないんですね。

 

 

 

 

タイプ別に実践しよう!効果的なクマ対策

 

青クマの解消法

 

1.目元をあたためる

 

血行不良によってできる青クマを解消するには、目元をあたためると効果的!

 

ホットアイマスクやホットタオルを目元に当てて、じんわり温めましょう。

 

とくにスマホやパソコンをよく使う人は、目元の筋肉を酷使するため血行が悪くなりやすいです。

 

肌をあたためることでHSP(ヒートショックプロテイン)というアンチエイジング成分を増やすことにもなるので、1日の終わりに目元をあたためる習慣をつけてみてください♪

 

 

2.運動・入浴する

 

青クマを手っ取り早く撃退するには、運動or入浴で血行をアップさせましょう。

 

汗がしたたるくらいの運動をすれば顔の血行も良くなるので、自然と青クマが薄くなります。

 

「そんな時間も余裕もない」という場合は、お風呂につかるだけでもOKです。

 

お風呂の湯気でスチーム効果を狙って、顔もしっかりあたためます。

 

できれば玉のような汗をかくくらい浸かっているのが理想ですが、難しい場合はなるべく長く浸かるようにするだけでも良いです。

 

のぼせには注意して、水分補給をしながらおこなってくださいね。

 

 

 

黒クマの解消法

 

1.目の下の筋肉を鍛える

 

目が大きい&目のまわりの脂肪が多いと、年とともに筋肉や靭帯がこれらを支えきれなくなり、目の下がたるみやすくなります。

 

 

これを防ぐには、目のまわりを走っている筋肉を鍛えていきましょう。

 

 

筋肉が太くて丈夫なら、眼球や脂肪をしっかり支えてくれるのでたるみにくくなります♪

 

 

おすすめは、「片目つむりエクササイズ」です!

 

やり方:
1.鏡を見ながら、片目だけ目をつむる
2.上下のまぶたを意識して、ギュッと目をつむる
3.上下のまぶたがプルプルするのを感じながら10秒キープ
4.そっと目を開けて反対の目も同じようにする

 

☆これを1日3セットやりましょう。

 

☆片目ずつやるのは、シワが寄らないようにするためです。

 

☆鏡を見ながら、シワが寄らないように注意しつつ行いましょう。

 

 

 

 

2.コラーゲンを増やすスキンケア

 

黒クマの原因である”目の下のたるみ″は、肌のハリ・弾力不足によってできてしまいます。

 

 

もちろん筋肉の衰えも原因ですが、年とともに肌にハリがなくなってしぼむことで、脂肪をささえきれなくなってたるむという事もあります。

 

 

ですので、肌にハリを出す「コラーゲン」を増やして、これに対抗していきましょう!

 

 

コラーゲンを増やすには、ビタミンC誘導体レチノールナイアシンなどの成分が配合された化粧品を使うと効果的です。

 

 

肌のコラーゲンは25歳を境にどんどん減っていくので、こういった有効成分で早めにケアをはじめていきましょう。

 

 

とくに目が大きい人は目の下や目尻のシワもできやすいので、早めの対策がカギになります。

 

 

 

 

茶クマの解消法

 

1.美白作用のある化粧品

 

茶クマを解消するには、美白作用のある化粧品で目の下をケアすると効果的です。

 

美白成分が配合された化粧品で、目の下をこまめにケアしましょう。

 

美白用の化粧品はたくさんありますが、おすすめは厚生労働省許可の美白成分が配合された化粧品です。

 

 

<厚生労働省許可の美白成分>
アルブチン、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、リノール酸など

 

 

本当に美白効果があるのか怪しいものも出回っているので、しっかり成分をチェックして化粧品を選んでいきましょう。

 

 

 

2.紫外線対策

 

茶クマの原因になる紫外線を徹底的に防ぐことも大切です。

 

 

紫外線は肌のメラニンを活性化させ、茶クマの他にシミやそばかすの原因にもなります。

 

 

のちのち後悔しないためにも、紫外線対策は欠かさないようにしましょう!

 

 

おすすめなのは、紫外線対策するのを習慣にしてしまうことです。

 

 

メイク前に日焼け止めをぬるのが当たり前になるくらい、毎日のルーティンに組み込んでしまうと苦になりません。

 

 

日焼け止めをぬるのが面倒くさい人は「飲む日焼け止め」を活用するのも良いですね。

 

 

自分にとって苦にならない方法を見つけて、賢く紫外線対策を続けていきましょう!

 

 

 

 

全てのタイプのクマに!最強のアイクリーム

 

 

 

ここで、全てのタイプのクマ(青クマ、黒クマ、茶クマ)をケアできるアイクリームをご紹介したいと思います。

 

 

「自分のクマがどのタイプなのか、よく分からない」という場合や、「複数のタイプのクマが合わさっている」という場合でも、これなら間違いないケアができますね。

 

目が大きい人のクマ対策におすすめのアイクリーム

 

↑「メモリッチ」というアイクリームなんですが、これを塗る前と塗ったあとでは、目もとの水分量が平均2倍以上にアップ!(公式サイトの実験データより)

 

 

メモリッチに配合されている成分

 

青クマに→ビタミンE誘導体(血流アップ)

 

黒クマに→ビタミンC誘導体(たるみ対策)

 

茶クマに→ビタミンC誘導体(美白作用)

 

 

 

クマを確実になくすには、クマに効く成分が入った化粧品を塗り続けることが、当たり前ですが大切ですね。

 

 

疲れた目元がぷりぷりに生き返ったら、フレッシュな爽やかオーラをまとえそうですね♪

 

 

気になる人に、「あれ?○○さん、なんか若返ってません?…何かしました?」って言われるかもしれません。笑

 

 

目の下をぷりぷりに復活させて、ハッピースパイラルに入っていきましょう!

 

 

 

→メモリッチ公式サイトをチェック

 

 

 

 

目が大きい人のクマ対策|注意点

 

まぶたを引っ張らない

 

まぶたを引っ張ると皮膚がのびてたるみやすくなるので、絶対NGです。

 

 

目元の皮膚はうすくてとっても柔らかく、のびやすいので注意してくださいね。

 

 

下まつげ用のつけまつげを外す際なども、指でまぶたを押さえながらそーっと外すようにしましょう☆

 

 

 

肌をこすらない

 

肌をこすると大事なコラーゲンが傷ついてしまうので、できるだけ摩擦はさけましょう。

 

 

目元にクリームを塗るのは1日2〜3回までにして、肌をこすらないように超スローモーションで塗りましょう☆

 

 

 

パソコン・スマホ後は疲れ目ケア

 

パソコンやスマホをじーっと見続けると目元の筋肉が疲れてしまいます。

 

 

筋肉が疲れると血行がわるくなり、クマができやすくなったりむくみの原因になってしまいます。

 

 

むくみは意外とあなどれなくて、たるみに直結してしまうんですよね(/_;)

 

 

なので、普段からパソコンやスマホをよく使うという人は疲れ目ケアも一緒におこなうと◎です。

 

 

1日の終わりにホットアイマスクでじんわり温めたり、目元にいいサプリ(ブルーベリーやビルベリーなど)を飲むのも良いですね。

 

 

 

 

 

まとめ 目が大きい人は早めに対策を

 

 

いかがでしたか?

 

「目が大きいから、クマがひどいのは仕方ない」と思っていた方も、クマのタイプに合ったケアに変えることでみるみる効果が出るかもしれません。

 

あきらめずにお手入れして、大きい目を自慢のパーツにしましょう^^b