目の下のたるみに効く化粧品の選びかた

目の下のたるみに効く化粧品の選びかた|アイクリームは必須!

 

目の下のたるみを改善するには、たるみに効く成分が入っている化粧品をつかいましょう。

 

 

「なんとなく良さそうだから」ではなくて、たるみケアができるものという事ですね。

 

 

ここでは、目の下のたるみに効く化粧品選びのポイントについてお伝えしています!

 

 

 

目の下のたるみに効く化粧品選び3つのポイント

 

高保湿成分は入っているか

 

保湿力がよわい化粧品だと肌がすぐに乾燥してしぼんでしまうので、目の下のたるみは改善できません。

 

 

おすすめは、セラミドやヒアルロン酸などの高保湿成分が入っている化粧品ですね。

 

 

化粧品の裏表示をチェックして、できるだけ前の方に表記されているものを選びましょう。

 

 

濃度がうすいものだと、ちょろっと入っているだけなので保湿力がないからです。

 

 

 

コラーゲンを増やす成分は入っているか

 

お肌を保湿するだけでなく、「肌のコラーゲンを増やす成分」が入っていることも大事なポイントです。

 

 

25歳ごろから肌のコラーゲンの生成量がどんどん減っていってしまうので、スキンケアでコラーゲンを増やす必要があるからです。

 

 

コラーゲンが不足すると肌にハリ・弾力がなくなってしぼみ、たるみが出やすくなります。

 

 

コラーゲンを増やすには、レチノールやビタミンC誘導体、EGF、FGFなどが配合された化粧品が◎ですね。

 

 

これらの成分は肌のコラーゲンを増やしてくれるので、ハリ・弾力が復活してたるみが改善しやすくなるんです。

 

 

 

目元の皮膚にちゃんと浸透するか

 

「目元の皮膚にちゃんと浸透するかどうか?」というのも重要なポイントです。

 

 

目元の皮膚は薄くて超デリケートなので、目元専用につくられた化粧品(アイクリームやアイセラム)を使いましょう。

 

 

化粧水でうるおいを浸透させたくなるのも分かりますが、目元の皮膚には水溶性の成分が入っていきにくいので、目元用のアイクリームとかの方が、効果を感じやすいんですね。

 

 

なので、目の下のたるみケアには、目元専用のアイクリームかアイセラムでお手入れしていきましょう。

 

 

 

目の下のたるみに効く化粧品:まとめ

 

いかがでしたか?

 

化粧品選びのポイントをまとめてみましょう。

 

・セラミドやヒアルロン酸などの高保湿成分が入っているか
・レチノールやビタミンC誘導体などのコラーゲンを増やす成分が入っているか
・目元の皮膚にちゃんと浸透するか(アイクリームやアイセラムを使う)

 

 

ポイントを押さえて化粧品を選ぶだけで、一気にたるみが改善するかもしれません!

 

 

今お使いの化粧品を見直して、目の下のたるみケアを加速させましょう^^b