目の下のたるみは改善できる?

目の下のたるみを改善するガイドブック|たるみは改善できる?

目の下のたるみを改善するガイドブック|たるみは改善できる?

目の下のたるみ改善したい

 

「目の下のたるみが気になる…。」

 

 

目の下のたるみがあると、一気に老けて見えて嫌ですよね。

 

 

ここでは、目の下のたるみを改善する方法についてまとめています!

 

 

どうすれば目の下のたるみは改善できるのでしょうか。

 

 

目の下のたるみ改善:目次

 

目の下のたるみの2大原因
肌のハリ・弾力不足
靭帯・筋肉のゆるみ(衰え)

 

目の下のたるみを予防する方法
紫外線対策
パソコン・スマホを見すぎない

 

目の下のたるみを改善する方法
肌のハリをアップ
アイクリームは必須
目元の筋肉を鍛える

 

目の下のたるみ改善:まとめ

 

 

 

目の下のたるみの2大原因

 

肌のハリ・弾力不足

 

目の下のたるみの最大の原因は、肌のハリ・弾力が不足していることです。

 

 

目元は皮膚がとにかくうすいので、お肌にハリを出しているコラーゲンの量ももともと少なく、ハリが失われやすいパーツなんですね。

 

 

ただでさえ老化が出やすいパーツなのに、加齢によって肌のコラーゲンがどんどん減っていくことで、肌のハリは更になくなっていき、たるんでしまうという事なんです。

 

 

ポイントは、「コラーゲン」ですね。

 

 

コラーゲンがたっぷりあれば、肌にピーンとしたハリが出るのでたるむことはありません。

 

 

しかし、コラーゲンの生成量が25歳頃から減っていくことで、肌のハリが失われて目の下のたるみが出やすくなってしまうという事なんですね。

 

 

 

靭帯・筋肉のゆるみ(衰え)

 

目元の皮膚を支えているのは眼輪筋という筋肉なんですが、この眼輪筋が衰えたことも、目の下のたるみの原因になります。

 

 

もっといえば、眼輪筋だけでなく靭帯も一緒にゆるむことで、たるみに拍車をかけてしまうんですね。

 

 

眼輪筋や靭帯は目元の脂肪を支えているのですが、これが衰えてゆるんだり、細くなることで脂肪を支えきれなくなると、たるみだけでなく「目袋」と呼ばれる目の下のふくらみが出来てしまいます。

 

 

目の下のふくらみの正体は「脂肪」だったんですね。

 

 

飛び出た脂肪は「眼窩脂肪(がんかしぼう)」とよばれ、眼球をぶつけた時などにクッションになってくれる大事なものなんですが、年とともに支えきれなくなると、前に飛び出てきてしまうんです。

 

 

眼輪筋や靭帯にピンとハリがあれば 脂肪が前に出てこないように抑え込めるんですが、衰えて細くなってしまうと、支えきれなくなって飛び出てしまうんですね。

 

 

これが目袋とよばれる目の下のたるみの原因です。

 

 

目の下のたるみは、「肌のハリ・弾力不足」と「筋肉・靭帯の衰え」の2つが原因ということが分かりました。

 

 

ではつぎに、目の下のたるみを予防する方法と、改善する方法をそれぞれ見ていきましょう。

 

 

 

目の下のたるみを予防する方法

 

紫外線対策

 

これ以上の目の下のたるみを悪化させないために、紫外線対策はめっちゃ大事です!

 

 

紫外線は大事なコラーゲンを壊してしまうので、ちゃんと対策していないと肌のハリが失われ、目の下のたるみが加速してしまうからです。

 

 

紫外線は年中無休で出ているので、出かけるときは面倒くさくても日焼け止めを塗るようにして、日傘やつばの深い帽子などで徹底的にブロックしましょう。

 

 

面倒くさがりの人は、「飲む日焼け止め」という、体の内側から日焼け対策ができるサプリも出ているので、試してみると良いかもしれません。

 

 

また、紫外線は窓ガラスも通り抜けてしまうので、室内でも気が抜けません。

 

 

車や家の窓ガラスに紫外線カットフィルムを貼るなどして、室内でも対策することをおすすめします。

 

 

紫外線はお肌を老化させる1番の元凶なので、このサイトで口を酸っぱくして何度も言っていくと思います。

 

 

後悔しないように、あなたにもちゃんと対策してほしいからです。

 

 

 

パソコンやスマホを見すぎない

 

パソコンやスマホと毎日のようににらめっこする人は多いと思います。

 

 

現代では仕方ないと思いますが、あまり1点を見つめ続けると目に負担がかかってしまうので、やっぱり良くありません。

 

 

1点をじっと見つめると自然とまばたきが少なくなるので、眼輪筋が衰える原因になってしまいますし、

 

 

パソコンやスマホからはブルーライトが出ているので目が疲れやすくなり、目の疲れは血行不良を引き起こしてむくみやたるみの原因になってしまうからです。

 

 

といっても仕事でパソコンを使う人は多いと思うので、30分に1回は遠くを見るようにしたり、疲れ目にいいサプリを飲んだりして目元をいたわると◎ですね。

 

 

ブルーベリーやビルベリーなどのサプリなら、アントシアニンやルテインなどの目にいい成分がたっぷり取れるものが多く、おすすめです。

 

 

パソコン作業が多い人は、お守りがわりに飲むのも良いと思います♪

 

 

また、1日の終わりにホットアイマスクなどで目元をじんわり温めるのもおすすめです。

 

 

じんわりと目元ほぐして、筋肉のこわばりをリセットしましょう^^b

 

 

 

目の下のたるみを改善する3つの方法

 

肌のハリをアップ

 

目の下のたるみを改善するには、肌のハリをアップさせるスキンケアをしていきましょう。

 

 

肌のハリをアップさせるには、「コラーゲンの生成を高める成分」が配合されたコスメを使うのが正解です。

 

 

「コラーゲン配合」の化粧品ではなく、「コラーゲンの生成を高める成分配合」のコスメです!(コラーゲンは分子が大きく、肌の奥まで入っていけないため)

 

 

具体的にいうと「レチノール」や「ビタミンC誘導体」などの成分が配合されたコスメですね^^b

 

 

これらが配合された化粧品でケアすることで、肌のコラーゲンを増やしてハリをアップさせ、目の下のたるみの改善につながります♪

 

 

ややこしいかもしれませんが、コラーゲンそのものが配合されているものと間違えないように注意しましょう。

 

 

 

アイクリームは必須

 

目元のケアには、アイクリームが欠かせません。

 

 

「保湿は化粧水がメイン!」という人もいますが、目元の皮膚には水溶性の成分がなかなか浸透しにくいので、化粧水よりもアイクリームなどの目元専用コスメを使ったほうが良いんですね。

 

 

アイクリームやアイセラムなどの目元専用コスメなら、薄くて超デリケートな目元の皮膚にも浸透しやすいように設計されています。

 

 

さっきも登場した、レチノールやビタミンC誘導体(コラーゲンの生成を高める成分)が配合されたアイクリームやアイセラムを使えば◎ですね!

 

 

朝晩欠かさずに塗って、たるみに効かせていきましょう。

 

 

※肌に摩擦になると大事なコラーゲンが傷ついてしまうので、塗る時は優しくそ〜っと塗ってくださいね^^b

 

 

目元の筋肉を鍛える

 

つぎに、衰えた目元の筋肉を鍛えていきましょう。

 

 

眼輪筋を鍛えるエクササイズを習慣にして、目元のたるみをスッキリ引き締めていきます。

 

 

私のおすすめは、片目ずつギュッと目をつむるエクササイズです。

 

やり方:
1.鏡を見ながら、片目だけ目をつむる
2.上下のまぶたを意識して、ギュッと目をつむる
3.上下のまぶたがプルプルするのを感じながら10秒キープ
4.そっと目を開けて反対の目も同じようにする

 

☆これを1日3セットやりましょう。
☆片目ずつするのは、シワが寄らないようにするためです。
☆鏡を見ながら、シワが寄らないように注意しつつそっと行いましょう。

 

 

自分でやるのはちょっと…。という方は、EMS機能がついている美顔器で鍛える方法もあります。

 

 

EMSは表情筋を刺激するので、筋肉をきゅっと引き締めてリフトアップができます。

 

 

目元だけでなく顔全体のリフトアップにも効果的なので、顔全体のたるみも気になるという方は試してみると◎ですね^^b

 

 

 

目の下のたるみ改善:まとめ

 

いかがでしたか?

 

 

ここまでの内容をまとめると、

 

 

目の下のたるみの2大原因
肌のハリ・弾力不足
靭帯・筋肉のゆるみ(衰え)

 

 

目の下のたるみを予防する方法
紫外線対策は何が何でもやる!
パソコン・スマホを見すぎない/疲れ目ケアをがんばる

 

 

目の下のたるみを改善するには…
コラーゲンをふやす成分で肌のハリをアップ
アイクリームは必須!
目元の筋肉を鍛える

 

 

 

目の下のたるみを改善するには、毎日の地道なケアが大切なんですね。

 

 

あきらめずに続けて、すっきりとした若々しい目元を取り戻しませんか^^b

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ